優しく 強く たくましく

たまもりくんに出戻りしたおたくです。たまーにJr全体についても書きますよ!!不定期更新ですがよろしくです(^^♪

そろそろバイバイの時間。

 

8月25日から約1週間。夢アイという名の舞台も始まったようでおたくは大忙し。レポはちゃんと読んでます。

 

かいとくんからは降りないと決めていたのに。現場がないとなかなか気持ちが上がらない。舞台は嫌いじゃないし、かいとくんが好きになったのは帝国劇場のおかげでもあるから、行くべきだったのかなと思うけど今の気持ちを考えるとなんとも言えない。

 

はっきり言ってしまうと、今はちょっとかいとくんが1番ではない。たまもりくんが好きだしたまもりくんに会いたい欲が止まらない。でも、りゅうがくんも気になるしほんとに困ったおたくなんです。

とりあえず、10月までは落ち着こうと思ってジャニーズの現場から離れると、自分で決めたはずなのに胸がざわざわ。Mr.KINGがいつまでJrなのかもよくわからないし。

 

ここまで応援してきて、今更きんぐちゃんを捨てられない。あの3人がどうなるのか気になるし、デビューしないとしても、見守りたい。

 

ここまでくると、あの3人は後輩の踏み台にされてしまうのでは...?という怖い考えしかない。というか、デビューさせる気ないとしか思えない。だから、ファンでデビューして!とかデビューのための一歩♡とか書いてる人をみるとイライラする。その言葉、2年前から言ってるからぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!

写真集がいくら売れても変わらないし、サマステでテレ朝さんに貢献してもなかなか変わらない。帝国劇場でちまちま舞台を毎日やって、他の若手の俳優さんは、どんどん世の中の方々に見つかるのに。ねえ知ってる?テレビにたくさん映らなきゃ世の中の方には見つからないの!!!!!!いくらWSに出てたってスルーされちゃうんだから!!!!!!

 

バーターでもなんでも、テレビに出てほしい。でもこんなちっちゃなブログで吐き捨てても誰も見てないんだしもうヤケクソだよね。

 

誰かにきんぐちゃんを任せて、わたしはもう自分の将来のためにお金使うね。

 

 

 

 

明日は当落!あばよ!

生まれて初めて、最前に行ったオタクの話。

 

 

8月25日の夜にEXシアター六本木にて行われているきんぐちゃん(久しぶりに呼んだ)のコンサート入ってきました。

 

 

とにかくドキドキしちゃって。だって!!!番号が!!!!20番台だったんです!!!!(終わったので言いました)たぶんあんまり言ってはいけないのかな、と思いましたがたぶんもう一生ないので!!!

 

 

スカスカの誰もいない下手の方に走っていってとりあえず席を確保しました。

 

 

わたしはEX3年目ですが、こんな前にいったことはないです。前に人はいねぇ!ペンラを振り回す人もいねぇ!視界を妨げるものが一切ねぇ!!始まるまで一緒に入るお友達と、ソワソワしたりもはや何を発言してたか覚えてないです(笑)

 

わたしの手持ちは、2015年のガムシャラ!のペンライトと2016年の王冠ペンライト、そして今年の発光が懐中電灯レベルのMr.KINGペンライトを全て黄色にしてかいとくんが出るのを待機してました。キンブレは持ってません。(笑)そして、いよいよ始まりました。

 

 

ハイハイがスタートを綺麗に飾ってくれて、ローラーの疾走感がすごくて、素晴らしい。とっても近くてドキドキしました。

わたしは今回、あまりセトリを見ていなくて不安でしたがかいとくんが、きんぐが何番目の曲で出てくるかはわかってました。近づくにつれ、心臓がはちきれそう。コワレソウ。

 

 

おっきなJrマンションのようなもので登場してきて、かいとくんはわたしのいる下手ではなく上手の方でした。とりあえず近いのでどちらでもよかった。とにかくキラキラしてる。

 

 

こんにちわー!Mr.KINGでーす!とメンバー紹介が始まり(色々抜粋しました)かいとくんがキラキラしたお目目とかわいらしいお顔で手をフリフリ。そして、B少年の紹介になったとき、りゅうがくんがまた天使さんを探していて、あら?これがあの有名な...と眺めていたら少し視線を感じて”ん?”とかいとくんの方に目を向けると...

 

 

な、な、な、な、な、な、な、んと!!!!

かいとくんがわたしを見ている!!!!

 

 

 

そして、目が合った瞬間、一瞬ニコッとして............!?

 

 

 

 

地球が割れました。

 

 

 

こんなことありますかね...!?

いやいや、もっと手を振ったり、きゃー!って出来たでしょ?と思った方。人間って、突然そういう自体に直面するともう固まるんです(笑)わたしの中では、色々考えてはいたんです。きっと席はいいからファンサ貰えるかも...もしもらえるならピースかな?ハートかな?とか。だがしかしbut!無理でした。普通にただ瞬きしているだけ。わたしがニコッとしたかもわかりません。

 

 

ただ、そのあとはというもの、目が合えばウインクをしてくれたり、目が合ってニコッとしてくれたり......。あの距離だと、わたしと目が合ってるのはすぐわかりました。”たぶん”じゃなくて確実なものなんです。ただただ、かいとくんが好きでたまらなくなりました。

 

 

前の席の人に特別!ではなく後ろの方の席のファンの子にも同じようにファンサを届けていて、わたしはそれを見ているだけで幸せでした。かいとくんはほんとに天使さんだな、と。

 

 

BTNの片手バク転も下手だったので、ずっとかいとくんの美しい肉体美が見れたし、何しろ最高のマルチアングルでした。自分が見たいかいとくんがずーーーっと見れるんです。ライト当たってないときに、ふーーっふーーっと呼吸を整えているところとか、シャツが出そうになって少し直しているところ、汗が流れてきて拭ってるところ、れんくんやしょおくんや岸くんと目が合ってニコッとしている自然なかいとくんまで全部。普段、少クラではカメラが回ってないところは全く見えないけど、全部のかいとくんが知れて、公演が終わってからも胸がいっぱいでした。

 

 

 

かいとくん、こんなわたしにたくさんの幸せをありがとう。

 

 

 

あんなに降りるとか、もうたまもりくんに絞ります、とか豪語してました。すみません。今のところは、掛け持ちにしようと思ってるので広い心で接してやってください。お願いします。

 

f:id:s_r_k_2324:20170827144922j:image

 

 

Mr.KINGの3人へ。今までありがとう。

 

ブログはもう書かないと決めていましたが、どうしても綴りたくなりました。

 

簡単に言うと、3人のファンではなくなるということです。

 

2015年から本格的にきんぐちゃんというか、キンプリのファンから始めて、とっても楽しかった。自分がまさか、Jrのファンになるなんて思ってもみなかったから。

 

 

キンプリでデビューするんだね、やばいよ!デビュー前から追っかけるなんて初めて、と思ってたあの年からもう2年。まさかまだ3人がデビューしてないなんて...びっくりだし、よくわからない。

 

 

あの時お友達になった子を最近見かけると、みんな降りてるかもうTwitterにはいない。きっと私生活で充実してるんだろうなーとか勝手に思ってる。ま、ジャニオタなんてそんなものだよね。

 

 

デビューしなそうだから降りるとかではないんです。日頃からTwitter見てる方はわかるかもしれないけど、またたまもりくんに戻っただけです。

 

たまもりくんに戻った理由は、リバース。軽率に見てしまったわたしが悪い。名だたる俳優さんの中に入れられたたまもりくんが心配になってしまってつい見てしまった。そしたら、わたしがファンをしてた頃のたまもりくんじゃなくて、大人の色気もある、かっこいい、キスマイを背負ってる、だけどまだ可愛さも残るアイドルになってた。また応援する時が来たと思ってしまった。

 

3人には、たくさん愛をもらったしたくさん試練も頂いた。

 

2015年キンプリのときは、この3人でほんとに大丈夫かと心配してしまったけど、今ではお互い高め合える仲間へと成長できたと思います。

 

Alrightで、無理に変わらなくたっていいって言ってたけど変わってしまったと思う。そりゃ環境の変化で人間変わってしまうけど、3人の無邪気な少年らしさとか、三兄弟のようなあったかい雰囲気とか変わってほしくない。

 

 

ファンもどんどん入れ替わり変わっていく中で、わたしは盲目のファンが嫌いになる時期があって。盲目・お花畑ファンが1番幸せなんだけどもね。でも、もっと彼らに厳しい目を向けることも大事なんじゃないかなと。なんでも受容してたら怖いし、そりゃファンが信じてあげるんだけど信じてるからこそ、ダメなことはダメだと、間違ってると伝えてあげてほしい。

 

 

 

3人にはいつまでも 

ときめく胸に 弾ける夢を みてほしい。

 

 

 

 

8月25日が終われば、わたしのJr中心のおたく生活はとりあえず終わりにしようと思います。これまでたくさんのお友達に会えて、たくさん優しさを頂いて嬉しい限りです。

 

今まで通り仲良くしてくれるお友達はよろしくお願いします、です。

 

8月25日のキンプリはいびー公演楽しみにしてます。f:id:s_r_k_2324:20170821234143j:image

 

 

落ち着いたら担降りブログ書きます。

ゆるオタ、掛け持ちになります。

 

久しぶりです。Twitterもこちらのかいとくん垢は少しお休みしておりました。

 

 

 

ここでお知らせがあります。

 

 

 

私事ではありますが、ゆるいおたくデビューさせていただくことになりました。突然で、すみません。

わたしの中で、どんどんきんぐちゃんへの気持ちが弱くなっていったこと、うまく言葉にできないがために衝突したりしてめんどくさくなってしまったこと、雑誌やテレビもあまりみなくなったこともあると思います。

 

 

 

 

この機会に、きんぐちゃんの3人それぞれに言葉を書いて終わりたいと思います。

 

 

 

 

 

平野紫耀くんへ
あなたは偉大すぎです。山Pや滝沢くんに並ぶほどのオーラを持っていると思います。歌も上手いし、ダンスも上手。アクロバットもできてキャラもかわいいし、ちやほやされる要素がたくさんあります。
でも、君にも持っていないものがあることをわかっていてほしい。全部を手にしているわけではないから、仲間を頼ったりたまにはフォローされたりすることも大切だし、それが仲間との絆になっていくと思う。わたしは、あなたの未来が心配なので、君の隣にはれんくんやかいとくん、大吾くん、こおじくん...仲間がいることを忘れないでほしいし、ほんとに信用できる人を見つけて仲良くしてね。君のように推されている人を憎む人はたくさんいるから気をつけてほしい。

 

 

 


永瀬廉くんへ
わたしが久しぶりに少クラをみて、最初に飛び込んだ人。まずほんとに顔と容姿がかっこいいしキラキラしてるし、得意ではないけどダンスや歌に一生懸命で、だからこそあまりカメラにはアピールできなくて、アピールできないくらい必死で...でもそこがかわいくて、また応援したくて、次会った時はどんなに成長してるのかな?今度はしっかりバク転綺麗にできるかな?ここはどうなったかな?って楽しみだった人。
でもいつしか変わったね。人はずっと同じなんてありえないけど、見ていて辛かった。ボロボロとれんくんにダメ出ししか出なくなるわたしも辛かった。茶髪になって、全体的にチャラついてしまって、ダンスも歌も中途半端。あれ?こんな感じだっけ?って思ってしまった2016のサマステ。
でも信じてるよ、わたしは。れんくんがまた前のれんくんのようになること、前のように完全には戻らなくても、自分らしくキラキラしたれんくんになること。がんばってね。

 

 

 


髙橋海人くんへ
表現力の天才。ダンスは息を呑むほど美しくて、歌も上手になって、発声練習のおかげでとっても声が綺麗になってた。最初はほんとに大丈夫なの?この子。と思ってしまったけど、心配無用だったね。中島健人くんや増田貴久くんに憧れているためか、自分の中でもしっかりキャラづくりしてすごいと思うよ、ほんとに。最近では、Rの法則や夏にかいとくんソロでバラエティーに出たおかげか、トークが上手になってきているし。
かいとくんはMr.KINGの一員なんだよ、じゃなくてかいとくんは髙橋海人なんだから、Mr.KINGの前に、1人のJrとしてキラキラしていればわたしはいいと思うよ。かいとくんはかいとくんだもん。
かいとくんがもっと輝ける所があるんじゃないかって、もやもやしてた。だってこんなにがんばってるのに。映画とかドラマとか、Rの法則以外でも活躍できるのになぁって。だから、今でも新しい外部の仕事待ってるからね。
わたしは一生かいとくんにアイドルでいてね、なんて思わないよ。自分の中でしたいことがあったり、新しい世界を拓いていくのは自由だから。かいとくんなら、自分から違う世界にいっても大丈夫だって確信してるから。なぜかって、わたしはアイドル髙橋海人も好きだけど、まず、人として、髙橋海人という存在が好きだから。

 

 

 

 

ということで
一旦、ゆるおたさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

ぴ ょ ん 。

しょおくん映画初主演おめでとう!&れんかいにも外部のお仕事こいっ!

 

しょおくん!!!!!
映画初主演おめでとう!!!!

 

わたしは朝Twitterをみてびっくりしたよっ!しょおくんなら何かお仕事もらってると思ったよ。信じてたよ。かっこいいよ。

しょおくん担の方は、ほんとにしょおくんのことが好きで、信用してて、みんなの祝福ツイートをニコニコしながら眺めてました。

 

 

 

 

 


でもね、なんか複雑なわたしもいたの。

 

 

 

 

 


しょおくんにたくさんお仕事がくるのはわかるし、きんぐを代表してっていうのはとってもかっこいいのだけど、しょおくんばかり前にいきすぎて置いてかれてる感が否めないしふたりはどう思ってるのかなって。

きんぐとしての代表ではなくて、もはやしょおくんとしてしか売ること考えてないのかなとか(マイナス思考ですみません)、やっぱり推されるのはしょおくんだよなぁ...とか思っちゃったり。

 

れんくんもかいとくんも全く悪くないのだけど、やっぱり2人には何か足りないものがあるのかな、とか考えたら泣けてきてしまって。

いつまでも、上の方々がくれるお仕事だけしてたらだめなのかな、大吾くんみたいに自分からオーディション受けに行ったり、ちょっと違うけどNEWSの加藤シゲアキくんのように、小説書きたいとか、何か自分から行動起こしてやりたいこと見つけなきゃいけないのかな...とか感じてしまったり。

 


話逸れちゃうけど、かいとくんに限ってないとは思うんだけど、もしかしたらかいとくんは来年の今頃にはいないんじゃないか。だって、雑誌の取材でも、大学に行きたいとは書いているのにれんくんのように仕事と両立がんばりたいとかあまり言わない。この前のMYOJOでも、大学に行ったら一人暮らししたいとかしか書いてなかった。少し寂しい感じがした。(わたしの思い違いだったらすみません。)

 

かいとくんにも、もちろんれんくんにも、たくさん外部の仕事きてほしいし、来ないから魅力ないとかではなくて、やっぱりMr.KINGとして考えた時、なんかもったいないなぁ、寂しいなぁと感じてしまったのです。

 

特にれんくんには今、外部の仕事が何もない状態。かいとくんはかろうじてRの法則があるのでとりあえずは大丈夫。でもまだまだ足りないと思う。やっぱりテレビとかでいろんな人に知ってもらって、何か感じてもらって、どんな形でもいいので好きになってもらいたい。

 

れんくんにもかいとくんにも、自分はしょおくんのおまけだなんて思ってほしくない。思ってはないと思うけど、すっごくしょおくんが映画で注目されてしまって、遠い存在に思えてきて自信がなくなっても絶対思ってほしくない。

 

 

 

 

 

 

 

れんくんにもかいとくんにも外部の仕事を....
くーだーさーい!!!!!!!!(大声)

 

 

 

 

 

もう今日は、この一点です。

ジャニーズJrがコー◯ブルーにゲスト出演したら。〜平野紫耀くんの場合。


みなさまこんにちわ。

 


完全に妄想ブログになります。

 

 

近頃、コー◯ブルーに若手ジャニーズJrを出演する、という話で盛り上がってますね。

 

 

 

わたしは、コー◯ブルーだいすき芸人ですがあまり研修医(コー◯ブルーの場合はフェローという)ではなく、ゲスト出演を望むので勝手にストーリーを作ってみました。

 

 

 

 

 

平野紫耀(ㅍ_ㅍ)くんの場合。

 

 

 

 

 


ある日、翔北(ドラマ コー◯ブルーの舞台となる病院の名称)に急患が運ばれてきた。細谷七瀬(18)、女子高生。意識はあり、お腹を抑えて苦しそうだ。

 

点滴を打ち、目がさめると白石先生(ガッキーが演じる医師)は「ここどこだかわかる?」と尋ねる。「わたし倒れたの?もしかして...?」「そう。単刀直入に言うけど、あなた妊娠してるのね。親御さんに伝えたら、あの子は産む気です、って言ってたけど。」「先生にバレてたのか。」と彼女は言う。白石先生は淡々と彼女に言った。


「相手の彼には伝えたの?」

 

と、そこに彼が到着する。

この彼が平野紫耀くん演じる、永山日向。
彼女は、実は彼に妊娠していることを告げていなかった。しかし彼は気づいていた。その事実を彼はしっかりと受け止め彼女と産まれる子供と3人で生活しようとバイトも始めていた。しかし彼女は一向に妊娠したことを伝えてくれずにいた。彼は不安だった。なぜ、伝えないのか。自分はいらない存在なのか。

 

「彼女、産む気なんですか?」


産婦人科の緋山先生(戸田恵梨香さん演じる)に尋ねた。「彼女と話し合った方がいい。あなたも自分の意思を伝えなきゃ。」と。

しかし、日向くんには弊害があった。自分の母親が、先週倒れて同じく翔北に運ばれた。脳腫瘍が見つかり、医療費が膨大にかかる。藍沢先生(山P演じる)は「彼女も母親も、2人も守れるのか?おまえにその覚悟はあるのか。」と聞かれ答えられない。

 

 

彼女のもとにいくと、彼女は「日向にとってたった1人の家族でしょ?わたし、日向の家族思いなところもいいなって思ってた。わたしは大丈夫。お母さんについててあげて?」と言われる。

 

 

彼は、「お母さんの治療が落ち着いたら絶対迎えにいくから。」と抱きしめて、彼女に約束し母親についててあげることを決心する。

幸い、母親の脳腫瘍は摘出しリハビリすれば完治するものであった。「藍沢先生の言う通りでした。僕は心の中で彼女に子供ができなきゃこんなことにならなかったのに、って思ってたんだ。2人も守れない。」すると藍沢先生は「守りたい人がいるって幸せなことだと思う。あとはおまえ次第だろ」と言い、背中を押した。

日向くんの母親の退院日、白石先生と緋山先生、藍沢先生はお見送りをしようと病室に向かった。すると、日向と七瀬と日向の母親の姿があった。

「みんなで支え合っていきましょう。」と3人でこれからの話をしていた。日向の母親と七瀬が話をしているその時、日向が病室の入り口をみた。偶然、藍沢先生と目があった。藍沢先生は日向に微笑みながら頷き、日向も微笑み返した。

 

 

 

※この物語はフィクションです。

 

 

 

みなさんもぜひ書いてみてくださいね!!!

 

18歳の髙橋海人くんに捧げる。

 

 

今日は、2017年4月3日。わたしのだいすきな髙橋海人くんのお誕生日。

 

今日、ようやくジャニーズJr情報局の好きなジャニーズJr欄のところも変更したので、正式にかいくん担当になりました。

 

 

 


申し訳ないけども、わたしの中で、最初のかいくんの印象は2人のおまけでした。だからこの前の雑誌でかいくんが同じことを言っていて胸がざわざわしました。今でこそ、そうは思いませんが、しょおれんにくっついてるちびっこ、という印象がなかなか消えなかったんです。
逆にかいくんがかわいそうで、擁護している時期もありました。少クラをみているリア友が「あの子微妙だよね」と言うのを聞いて、わたしもあまりピンときていないのに、そんなわけないじゃん!とかいくんを庇って言っている時もあって、今思えば、バカだなおまえ、です。(笑)

キンプリの間はずっとそうで、れんくんしか見えていなかったわたしに妹が、「EX行ったらかいとくんに堕ちたりしてね」なんて言われましたが「まさかな」と。

キンプリでかいくんの見る目はあまり変わりませんでしたが、転機は2015-2016のジャニワ。君とMilky way...を踊るかいくんを見て、この子はやばいな、と。
かいくんのダンスの上手さ、を初めて目の当たりにしました。表現力が17歳ではなかった。
この日から、かいくんのすごさに気づいてしまった。彼を目で追うようになった。

 

もちろん、れんくん担当でしたかられんくんが好きでした。でも、なかなかかいくんが頭から離れない。暇あれば、君とMilky wayをかけて脳内ジャニワを楽しんだ。ただのバカ。

 


そしてそして、2016年のサマステ。かいくん担当として入った公演でファンサもどきをもらい、ころっとやられてしまい.........。れんかい担を名乗ったり箱推し名乗ったりと色々回りましたが、結果落ち着きました。

 


髙橋海人の魅力は簡単には語れません。まず、ダンスが上手いこと。幼い頃から好きで、続けているダンスにとってもエナジーを感じる。去年の増田貴久様のRemedyは、最高傑作。
次は、歌を頑張っているところ。ファニーボイスで女の子のような声だったことにコンプレックスを抱いていたが、最近は声も大人っぽくなり、かっこよく歌を歌い上げるようになった。憧れの増田貴久様を見習い、もっと上手になってほしい。ドリボで、ジャニーズ5で出演したときの沢山練習した成果が見られた。
さらにトーク力。以前はニコニコしてしょおれんの横にいたかいくんが、きんぐちゃんのトークの締めを担当するまでに。ほんとに成長。

(そろそろ、モデルの仕事来てほしい。)

 

 

 


だいすきな髙橋海人くん。
もしかしたらあなたが、わたしの最後の貢ぎ相手かもしれません。
全力を尽くします。
ついていけるところまでついていくからね。

 

 

18歳の髙橋海人くん、よろしくね。

 

f:id:s_r_k_2324:20170403233128j:image